精神科においてのこころカードの魅力

2017.03.06
カテゴリ: こころカード・インストラクター

こころカード・インストラクター養成講座共催者の
高橋知佳子さんは精神科の看護師でもあります。

仕事でも使っているそうですが
こころカードの魅力について、まとめてもらいました。

=================================

◯SSTやレクリエーションなどで活用できる。

【スタッフ側のメリット】
・患者さんとの信頼関係を築く手段になる。
・患者さんの好きなことや得意なこと、大切にしていること等を知ることができ、情報収集ができる。
・会話の糸口にできる。
・無理せず自然な形で自発的なコミュニケーションを促すことができる。
・スタッフ自身のコミュニケーションスキル(傾聴・承認・質問)が上がる。

【患者側のメリット】
・ゲーム感覚で楽しく対人技能の訓練ができる。
・難しい質問がないから、認知機能の低い患者さんでも参加できる。
・他者との違いや価値観を知り、お互いを認め合うことの良さを体験できる。
・今まで知らなかった相手の一面を知ることができ、お互い親近感が高まる。病棟内での対人関係がスムーズになる。
・人の前で話すことが楽しくなる。ラクになる。
・自分のことを話す・他者に知ってもらう喜びを感じることができ、自己肯定感が上がる。
・他者に興味・関心を持つ切っ掛けになる。
・患者同士またはスタッフとの信頼関係が高まる。
・「みんなの話を聞いて楽しかった。ためになった」「みんなに聞いてもらえて嬉しかった」などの感想が多く、〝自分が話すことで誰かの役に立った”〝話を聴いてあげたことで相手が喜んでくれた” という、貢献感が生まれる。

=================================

3月25日(土)開催
こころカード・インストラクター入門講座
http://presenttime.jp.net/201702241030-2/

pagetop