こころカードは

・セミナー前のアイスブレイクとして
・カウンセリングの導入として
・親子コミュニケーションとして
・面接の練習として
・パーティーで

など、さまざまなシーンでお使い頂けます。




こころカードを購入いただいた方からの

感想の一例を紹介します。

私は、看護学校の
入学試験面接の練習として
『こころカード』を使って、
多くの質問と向き合いました。

そうしたところ、
自分がどんな言葉を使い、
どんな思考パターンであるかに
気付くことができました。

また、
面接で実際使いたい表現を
身に付けることができました。

これは1ヶ月間、
毎日こころカードの
質問の答えをノートに 書いた
成果だと思います。

また、
退職前に会社で
私が講師となっての
勉強会を開催しました。

その時にも
『こころカード』
を使いました。
勉強会や質問に対して
あまり興味を持っていなかった人でも、
勉強会のはじめに
『こころカード』
を使ったことで、
参加者同士の笑顔が増え、
場がとても和んだように
感じました。

こころカードは
目的や用途に関わらず、
幅広く使える
万能なアイテムだと感じました。
(Tさん・女性・30代)

こころカードを使って、
カウンセリングセッションをさせて頂きました。
最初にお悩みや問題点などを
伺っていたのですが、
あまり口数の多い方ではなく、
なかなか核心の部分に触れることができませんでした。

ちょうどカードを持っていたら
「それなんですか?」
と興味を持っていただいたので、
こころカードを使用して
セッションを行わせて頂きました。

しつもんにお答えいただく中で
ご自身が今、どのようなことを
感じているのかをお話しして下さり
そのあとのカウンセリングは
スムーズに進みました。

こころカードのココロを開放させてくれる
不思議な力を持っているなと感じました。

これからもこころカードを活用していただきたいです。
本当にありがとうございました。
(男性)

先日、大学の同級生4人で飲み会をしたんです。
その中の一人が、
小学校4年生の女の子のお子さんを一緒に連れてきました。
そして私も含め5人でこころカードで遊んでみました。
その中で、お子さんとお母さん
それぞれカードの質問に答えた内容と、
そこから広がった会話や反応を報告します♪
とっても素敵でした!

ーお子さんが引いたカードー

“忘れられない旅行の思い出はなんですか?”

しばらく考えている様子のお子さんに、
お母さんが
「旅行に一度も行ったことないから答えられないね、ごめんね」と
声を掛けた後、
私達に
「うちは母子家庭でなかなか旅行に連れて行けなくて…」と。
少しすると、
お子さんは
「前に電車に乗って、秋保温泉まで行ってきたのがすごく楽しかったー」と
話しました。
お母さんは
「そっか!お泊りはしてないけど、そういえば沢山楽しいところに行ってるねー。また行こうね~」と
二人でにっこり笑って、
その時の思い出話を、
親子で楽しそうに教えてくれました。

ーお母さんが引いたカードー

“修学旅行で何が起きましたか?”

「高校生の修学旅行で北海道に向かうフェリーの中で、お友達にサプライズで誕生会をしてもらって、とっても嬉しかった」と。
それを聞いたお子さんは、
「え!お母さんすごーい!そんなことがあったの?お母さんは人気者だったんだね~」と。

そのあと、
そのお子さんはお母さんの順番が来るたびに
「皆さん!次はお母さんの番だよ。ちゃんと聴いて下さーい」と、
お母さんのお話しを、
とても楽しみにされていました。
このやりとりを見ていて、
こころカードを
親子で一緒に使うことで、
親子の絆を深めたり、
子供の心を成長させてくれたり、
会話を弾ませてくれたり、
お互いに知らなかった一面を知り
尊敬の気持ちや信頼感が深まる、
とても素敵な効果があるなあと思いました。

こころカードは、すごいです。

もーー大好きですね~♡

患者さんだけでなく、
プライベートでも使っていきたいと思います。

(Tさん・女性・30代)

pagetop