pt03_01

PresentTime塩野貴美 こころカードとは

相手のこころを開く鍵のような存在。それがこころカード
「初対面の人と上手に話したい」
「周りの人と、もっと仲良くなりたい」
そんな願いを叶えるカードです。

このカードがあれば、 誰でも気軽に相手とのこころの距離を縮めることができます。
32枚のカードには、それぞれシンプルな質問が書いてあります。
答えると、明るくなれる、和やかな気持ちになれる、そんな質問だけを集めてみました。
今まで長年つきあった人でも知らなかった部分が質問によって引き出されることがあります。
私は、質問は相手のこころを開く鍵だと考えています。質問は、相手の魅力を引き出す鍵でもあります。

このカードが、あなたとあなたの周りの人の笑顔を引き出すものとなれば、うれしいです。

「初めて会った人と、仲良くなるためにどんなことができるだろう?」

その答えが「こころカード」でした。

以前、自分のセミナーをする時に市販のコミュニケーションゲームカードを使っていました。

その時、たったひとつ質問があるだけで、話が止まらなくなるほど場の雰囲気が盛り上がることを実感しました。

「2時間前にあった人同士が、長年知っているような仲になった」

やがて、セミナーの回数を重ねるにつれ「もっと私らしいしつもんカードをつくってみたい」と思うようになったのです。

答える人、答えを聞いている人の両方がわくわくする明るい気持ちになれるそんなカードをつくりたいと思うようになりました。

それが、こころカードをつくろうと思ったきっかけです。

マツダミヒロ氏にアドバイスをもらいながら、実際に形になるまでは1年かかりました。

初めて使用する際の最適な時間は、30分から1時間です。慣れたら自分のペースで自由に使っていただいて構いません。

グループで使用する場合は、3~6人でご使用されることが望ましいです。カウンセリングで使う場合は、1対1でもお使いいただけます。

よくシャッフルしてください。その束の中から、最初の順番の人が1枚ひいてください。

質問が書いてある面を表にして、書いてある質問を読み上げてください。

質問を読み上げた人は、続けてその質問の答えを1分くらいで話してください。

話を聞いている人は、話をしている人に対して否定・批判・決めつけなどしないでください。最後まで話を聞いてください。

最初に人から時計回りで順番にカードを引いてください。最初に決めた終了時間になったら、終わりになります。

pagetop